バスタブの排水溝から謎の光が?海外のホテルで起きた奇妙な事件

  画像©facebook

最近海外では、心霊物件とも違う異質の物件に関する報告が相次いでいる。「風呂場の鏡の向こうに閉ざされた別の部屋への入り口があった」というケースや「寝室の床下に謎の地下室へ続くマンホールがあった」というケースなどだ。

そして先日、ある女性が「宿泊したホテルのバスタブがおかしい」とFacebookに書き込んで注目を集めた。

彼女は「今ホテルに泊まっているのですが、お風呂の排水口から光が出ているのに気づきました。何なんだろう?」と書き込み、明らかに内側からオレンジ色の光を放っているバスタブの排水溝の様子を捉えた写真を掲載していた。




普通、排水溝にライト等は設置されているはずがなく、また配水管の中を照らす必要もないはずだ。女性のコメント欄にはこの光の出所や仕組みを解明しようとする人たちが多数書き込んでいた。

ある人は「ほとんどのホテルでは、部屋と部屋の間に通路があり、そこからすべての機械システムが見えるようになっていて、メンテナンスができるようになっています。もしメンテナンス担当者が部屋の照明をつけたままにしていたら、それがあなたの部屋のバスタブにも届くかもしれない。それがあなたの部屋で起きていたのかも」と書き込んでいる。

今の所一番もっともらしい説明だ。なお、投稿者の中には「もし下から風船が欲しいかと尋ねられても断ってね」と某有名ホラー映画になぞらえたジョークを書き込む人もいたようだ。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る