人間の2倍の大きさ、ビッグフット「親指の骨」化石が発見か?

   画像&動画@bigfootanonymous / TikTok

人々に度々目撃され、その実在が噂されている未確認生物。地元の伝説や先住民たちに目撃されているなど、長く記録が残っているものもいる。そんなに長い間目撃されているならば、死骸や化石もあって然るべきではないか、という疑問が生じる人もいるのではないだろうか。

ところが先日、「ビッグフットの化石を発見した」という驚きの報告があった。

驚きの報告を行ったのはビッグフット研究者で作家のコナー・フリン氏。彼は自身のTikTokページ「@bigfootanonymous」の動画で、人間の指よりも大きな骨を紹介して説明している。




この骨はフロリダ州マリアンナにある小川で発見したものだそうで、人間の親指の骨に似ているがかなり大きく、見た目よりも重いとのことである。彼が知る限りではフロリダ州からは化石人類の骨が発見された事はないため、この骨はビッグフットのものである可能性が高いとのことだ。

@bigfootanonymous

bigfoot bone! ##bigfoot ##missing411 ##scary ##mystery ##fyp ##foryou ##foryoupage ##fossil ##bigfootisreal ##bigfootsighting ##bigfoothunter ##ET ##2021 ##ufo

♬ original sound – Bigfoot Anonymous

ところが、視聴者からは「クマの足の親指の骨ではないか」という意見も寄せられている。また本物かどうか確認するため、専門家に見てもらう事を勧める意見もあった。

フリン氏は「なぜビッグフットの遺体が見つからないのか疑問に思う人がいるかもしれません。これまでも発見されたが、隠蔽されてしまったのでしょう」と、今回の骨の発見を受けて語っている。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る