【ジンバブエ発】事故原因は「落ちてくるUFO」を見たから!?

ジンバブエにて、ある男性が交通事故で病院に搬送された。運転を誤って、乗っていたバイクから落ちたとのことだが、その原因はなんと「UFO」だというのだ。

3月19日の夜9時頃、チビンジの町にて一人の男性がバイクを運転して自宅に向かっていたところ、空に奇妙な物体が浮かんでいるのを見つけた。その物体は「背面に推進器のあるロケット」のようだったという。

彼はとにかく家に帰ろうと、物体を無視してバイクを走らせたがUFOがとつぜん耳をつんざくような爆音を発し、驚いた男性は運転をあやまって転倒、足に大けがを負ってしまった。




幸い命に別状はなく、現在病院で治療中とのことだが、男性は「死ぬかと思った」と当時を振り返って語っている。

本人の証言だけであれば何かを勘違いしたといえるかもしれないが、チビンジの複数の住民が「東に向かって飛ぶ発光体」を目撃したり「雷のような大きな爆発音」を聞いたと証言している。中には「光る物体が空から落ちてきて、大きな音を立てて地面に衝突したようだ」と証言する人もいたとか。

今の所、証言に該当する飛行機などの報告は入っておらず、ジンバブエの気象学者は「火球や隕石の見間違いだったのではないか」と証言しているが、正体は今もって不明とのことだ。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PublicDomainPictures PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る