火葬場に出る現代妖怪「砂かけ」

とある山村の焼き場に出る妖怪。

その村の遺体の焼き場に出没した。村人が火の番をしていると、背後から何者かが砂をかけてくる。

これが妖怪「砂かけ」である。

この妖怪が出ると新しい命が村に生まれると言われていた。妖怪「砂かけ」は死者の代わりに赤ちゃんを連れてくると言われた。今となってはその焼き場も廃止され、近代的な火葬場が建っている。

山と山里の怖い話・不思議な話 その10―雷鳥一号さんの投稿怪談―

都市伝説系UMA「顔盗みの蛇」
田んぼに出る馬の妖怪「田馬(でんば)」
大きなあくびをする「あくび塚」
何もしない牧場の妖怪「またまた」

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Suhas Rawool PIXABAY




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る