オクラホマ州「価値は2億円」、ビッグフット捕獲の法案が議会通過

「つちのこ 捕まえた人には賞金1億円!」という広告を見た事がある人も多いだろう。こちらは岐阜県白峰村のつちのこ捜索イベントでの賞金だが、古くは西部デパートの「つちのこ手配書」から様々なイベントで賞金がかけられてきた。

UMAに賞金がかけられる、というのは珍しい話ではない。2007年には大手ブックメーカーのウイリアムヒルが、ネッシーの存在を証明できたら100万ポンド(約1億5000万円)の賞金をかけている。そして先日、アメリカのオクラホマ州にてビッグフットにまつわる新たな法案がたてられ、なんと「ビッグフットを捕獲した人には200万ドル(約2億1800万円)」という高額の賞金がかけられる事になったのである。

こんな法案が通ってしまったら多くの人がビッグフットを捕まえるために殺到してしまうのでは、と不安になってしまうかもしれないが、「無傷で捕獲すること」「他の州法を破ってはならないこと」など、様々な条件が課せられているので、ビッグフットの乱獲といった事態は起きないと考えられている。




なお、提案された当初は2万5千ドル(約260万円)だったのが、検討を重ねていくうちに驚きの金額にふくれあがったのだとか。

そもそもなぜこの法案が出来たのかというと、オクラホマ州がビッグフットを観光資源の一つにしているからに他ならない。州の観光局がビッグフットを宣伝するキャンペーンを行ったり、アメリカ国内最大級のビッグフット・フェスティバルである「ビッグフット・フェスティバル&カンファレンス」を毎年開催している。また、地元企業もビッグフットハンターの年間許可証を販売する準備をしているなど、非常に前向きに観光に取り入れようとしているのだ。

コロナ禍が収束したあと、ビッグフット目当ての観光客も増えるかもしれない。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©RJA1988 PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る