【バンコク発】回転翼でゆっくり浮上するUFO

タイの首都バンコクにて、驚くべき形状のUFOが撮影されて話題になっている。

3月11日に撮影された動画には、曇り空の中奇妙な形状のUFOが浮遊している様子が捉えられている。全体が黒いしずく型で、上に数本の棒状のものが突き出ているという変わった形状のものだ。

どうやら住宅地上空でホバリングしているようで、上部の棒状の部分がヘリコプターのローターのように回っている。しかし回転速度は非常にゆっくりで、とても揚力が発生しているようには見えない。

動画のフレームレート(秒間コマ数)とヘリコプターのローターの回転速度が合致すると、画面上ではローターが回っていないにもかかわらずヘリコプターが飛んでいく、という不思議な動画が撮れたりもするが、今回はそれにあたらないと思われる。

UFO Shoots Past helicopter Bangkok, Thailand, March 11, 2021, Video, UFO Sighting News.

なぜなら、動画を再生していくとこの奇妙な物体の後ろを本物のヘリコプターが飛び去っていく様子が捉えられているからだ。ヘリコプターのローターはかなり早く回転している様子がうかがえるため、前述の理屈は該当しない事が解る。

では、この物体は一体何なのだろうか。




海外のUFO研究家であるスコット・ワーリング氏は、奇妙な形状と飛行原理に説明がつかないことから「100%エイリアンのドローンであり、地上のヘリの存在に気づいて現場を離れようとした所である」と述べている。

しかし一方で、問題のUFOがヘリよりもかなりカメラに近い距離にあるように見えるため、「本当はサイズの小さい、植物の種ではないか」という指摘もあるようだ。植物の種の中には綿毛や薄い葉状ものを備えており、風に乗って遠距離まで飛んでいけるものがある。この物体もフタバガキやラワンの種のようなもので、クモの糸にかかってその場で回転していただけではないか、というのだ。

さて、この実態は一体何だろうか?

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©UFO Sightings Daily YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る