浴室の鏡の後ろから…隠された部屋への抜け道を発見した女性

隠された部屋や開かずの間という言葉は人をわくわくさせるものだ。しかし、実際には部屋数の多い屋敷等でなくてはなかなか実現しないもの。

だが、海外にて「マンションの自室から隠し部屋に繋がる穴を発見してしまった」人が現れた。

そんな体験をしたのはニューヨークに住むサマンサ・ハートソエさん。彼女は常々、自室のバスルームにいるときにどこからともなくすきま風が入ってくるのに悩まされていた。特に冬は厳しいため、ある日思い立ってTikTokにて動画で実況中継しながらすきま風がどこから吹き込んでくるのか確かめることにした。

@vtmegs

WTF is this?? Literally my nightmare… #creepy #creepytiktok #scary #fyp #scared #nope #haunted #hauntedtiktok #foryou #foryoupage #sketch

♬ original sound – VTMegs

やがて彼女は洗面台の方から冷たい風が吹いてくるのに気づいた。そこで洗面台の鏡に手をかけてみると、簡単にフレームから外れた。




普通ならばそこには部屋の壁があるはずなのたが、彼女の目の前に現れたのは真っ暗な空間。なんと、鏡の向こうに大きな穴が開いており、その向こうに廃墟同然の部屋が広がっていたのである。

@vtmegs

Reply to @joshseville0 okay okay. Locks are a bit much for this. If it’s for kids they must be the hulk. My 6yo definitely can’t open the hatch

♬ original sound – VTMegs

廃墟、と言うよりは建築途中で放棄してそのまま壁の向こうに埋め込まれてしまったと言うべきかもしれない。見たところその部屋は少なくともマンションの一部屋分はあるようで、かなりの広さがあることが伺えた。

まさかの事態にライブ中継を見ていた人たちは大盛り上がり。「一部屋分の家賃でもう一つ新しく部屋を手に入れられたね」「掃除してリフォームして ゲスト用のアパートや 秘密のたまり場として使うべきだ」等のアドバイス?を行う視聴者もいた。

中には1992年のホラー映画『キャンディマン』を思い出す人もいたそうだ。

なお、こちらの映画は女性が住宅に隠された殺人者の秘密の隠れ家を発見してしまうという話なので、非常に恐ろしい内容になるのだが・・・。

なお、この部屋は建設中で放棄されたものなのか、それともまだ作業が継続しているのかは不明だという。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る