日本のミイラ

画像r.nial.bradshaw on Visualhunt / CC BY

 読者は我が国にもミイラの文化が存在するのはご存知か?

 ミイラというと古代エジプトの王族達のミイラが代表的だが、薬剤によって防腐のための処置を施して「遺体を保管する」という文化は古今東西存在する。また、寒村など遺体が腐らない環境で偶然、自然にミイラが出来上がる場合もある。

 細菌などの微生物が動物の死体を分解する腐敗の働きが抑えられたとき、あるいは細菌自体の酵素によりタンパク質・脂質・糖質などが分解され柔らかくなる“自己融解”の作用が止められたときにミイラが出来る。具体的には、水分含有率が20%以下となる乾燥状態、10度以下もしくは40度以上の湿度、蝋のように変化する屍蝋化や、ある種の植物の樹脂で皮膚をなめすといった科学変化によって腐敗が抑制されることでミイラが出来る。

 我が国のミイラは、大きく分けて自然ミイラ、即身仏、文化として人工的に作ったミイラ、学術的ミイラの4つがに分類される。

Usermontu Mummy
Usermontu Mummy / Will Scullin

●自然ミイラ

 寒村などでミイラが出来る条件がそろった場合、自然にミイラ化したもの。全国で20体前後発見されている。、『江戸時代の兄弟ミイラ』などが代表的。このミイラたちには屍蝋化組織が認められ、地下水がたまりやすい地層で埋葬されたために屍蝋化したと考えられる。このような屍蝋の見られるミイラは日本各地で数体発見されている。

●即身仏

 五穀や十穀などの穀物を一切食べない「穀断ち」を行い、土中などに作られた室(むろ)で座禅を組み続けることで修行する高僧や修行者のミイラ。「人々を救済するため」「死ではなく永遠の瞑想に入る」という思想に基づく。即身仏に至る過程は想像を絶するほど過酷だ。

「十穀絶ちで体から余計な脂肪や水分をできる限りそぎ落としていますが、さらに余分なものを体から出すために真如海上人は塩と水だけを摂りながら47日間断食しました。それから、後に内臓が腐敗したり、虫がわくのを避けるために、人体には毒になる漆の樹液を飲んで、『土中入定(どちゅうにゅうじょう)』します」




「地下3メートルぐらいのところに作った土留めの石の室に入るんです。石室のなかでは、座棺といって坐禅を組みながら入れる木の箱に入ります。箱の周りは木炭でみっしり埋め尽くされます。湿気を避け、臭いを取る効果もありますから。そして、入定した僧侶はひたすら読経します」

 石室には2本、節を抜いた大小の竹筒が通してあり、酸素を確保するとともに、弟子たちは太い竹筒から水を送る。細い竹筒には鈴が通してあり、毎日、決まった時間に弟子が鈴を鳴らすと、僧侶も鈴を鳴らして生存を伝える。そうして、土中からの反応がなくなると、弟子たちは師匠が成仏したことを知る。

 代表的なのは真言宗の高僧である弘智法印 宥貞(こうちほういん ゆうてい)のミイラ。この僧は薬師如来像の中で入定して、CTスキャンによって背中に疾患があり、強い痛みの中、過酷な修行を積んで即身仏になったのではないかと推察されている。

仏教の考え方の一つに、腐敗しないことは高僧の証であり、不浄のものは遺体が腐敗するというものがあり、芥川龍之介の『羅生門』や『九相図』でもその世界観が記されている。

In the Catacombs at Guanajuato.
In the Catacombs at Guanajuato. / SMU Libraries Digital Collections

●文化として人工的に作ったミイラ

 長野県のとある寒村の集落では、愛する伴侶が亡くなると「ミイラ」にする、という習慣が存在するという。

「ミイラ」といっても、古代エジプトのミイラのように、「死後復活する」という宗教的な信仰もは無く、ミイラ化までの工程の技術も異なる。

 それは、いわば過酷な雪国の冬を生き延びる為の狩人達の叡知から生まれた技術であった。この集落では、冬場の狩猟で入手した獣肉を山奥に冷凍保存し、雪解けの頃に下山して村へ運び込んでいた。そのような状況下で遺体の保存技術が発達していったのだ。愛する伴侶が亡くなるのは人生における最大の悲しみの一つだ。「伴侶の体をいつまでも側に置きたい」という願いが、狩猟で入手した獣のみでなく、自らの伴侶の遺体もミイラ化して保存しよう、という風習へと変貌していったと謂われている。

 伴侶の遺体は脂肪分が抜かれ燻煙し防腐剤が塗られ冷凍保存される。ミイラ化された後は、自宅へと運び込まれ、大切に保管され存命の伴侶が生きている間は「共に連れ添う」ことになる。

「死が二人を別つ」こともなく、まさに永遠の絆となるのだ。尚、長野県といえば、「ミイラ」になる目的も方法は異なるが、即神仏「心宗行順法師」も存在する。 

●学術的ミイラ

 学術的な探究心でミイラになった人で、日江戸時代の本草学者(現代の博物学・薬学)のミイラがある。だった彼は、生前に自らの遺体を保存する方法を考案し、亡くなる前に大量の柿の種を摂取し、そこから出たタンニンが防腐剤の役割を果たした。彼は「後世に機会があれば掘り起こして見よ」という遺言を残したが、第2次世界大戦後、掘り起こすと脳が縮んでしまっていた状態で残りミイラ化することに成功した。

 現在は即身仏は禁止されている(1877年より)が、死後ミイラになろうと思えば作る技術はあるが我が国は火葬が一般的だ。

 博物館でミイラを見ると神秘的でどこか物悲しい雰囲気がするが、死後魂が身体から抜けた後に、彼らは自身のミイラを見て何を想うのだろうか。

文:深月ユリア ミステリーニュースステーションATLAS
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血を受け継ぐ魔女占い師。ジャーナリスト、女優、ベリーダンサー、映画・イベントプロデューサーとしても活動

著書
あなたも霊視ができる本 」文芸社
世界の予言2.0 陰謀論を超えていけ キリストの再臨は人工知能とともに」明窓出版

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る