心霊スポットの廃墟…森の中で頭蓋骨を発見した心霊系YouTuber

心霊スポットとされる場所は民家とは離れた場所にあったり、人があまり立ち入らない廃墟だったりする事が多いため、安易に足を踏み入れると思わぬ危険や想像だにしていなかったものと遭遇してしまう事もある。

3月1日月曜日、イギリスのオカルト系Youtuberの夫妻がエガートンパーク近くに建つ廃ホテルへと向かっていた。彼らは心霊スポットとされる場所を散策し、実際に幽霊がいるのか検証する動画を配信していることで知られていた。

この日も二人は廃ホテルを目指して明るい森の中を歩いていると、落ち葉の下に奇妙なものが落ちているのを発見。落ち葉を除けてみたところ、なんと下から頭蓋骨が出てきた。周囲を注意深く観察すると、朽ちかけた衣類などが周囲に落ちていたため、本物かどうか確かめる前に警察に電話する事にした。




そして、現場に到着した警察によって、頭蓋骨が間違いなく本物である事が判明したのである。

地元警察はまだ頭蓋骨の身元を調査中であるが、そもそもこの頭蓋骨の主がいつからこの場所にいたのかも解っていないという。しかし、現在捜査中の他の事件との関連性は見られないとのことだ。

「恐らく、長い間行方不明になっていた人の遺体を偶然発見してしまったのでは」との見解を述べている。

二人は「このような現場に直面したのはこれが初めてだ。頭から離れない」と語っている。

BREAKING: NEWS BODY FOUND THE POLICE WAS SHOCKED AT WHAT WE DISCOVERED!!

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Exploring With Danny YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る