新型コロナウィルスに負けない免疫力アップ方法を医師が伝授!(後編)

   画像©Engin Akyurt PIXABAY
(前編より続く)

 我が国では暖かくなって収束しつつある新型コロナウイルス。しかい海外からの変異種も入ってきて第四波が懸念されている。ワクチンも摂取開始されるが、人類史初の遺伝子組み換えワクチンで副作用が未知数だ。やはり、一番頼りになるのは我々の免疫力だ。

 筆者はミチワ内科・診療内科院長の佐久間一穂氏に新型コロナ感染対策について・免疫力の上げ方についてインタビューした。

ー生活面において気をつけるべき点はありますか?。

 佐久間「まずは、ストレスをため込まずに、ストレス解消を上手に図ることが大事です。ストレスは、活性酸素を増やし、自律神経を乱し、ホルモンバランスを崩します。

 良く笑う、運動する、良い音楽や映画を鑑賞する、趣味に没頭することは脳をリラックスさせ、幸せホルモンの脳内エンドルフィンなどの分泌が高まり、自律神経やホルモンのバランスが整います」

ー日本人は真面目すぎてストレスをためやすい社会だと思いますが、身体が資本ですから、無理をしないことですよね。

 佐久間「そうですね。そして、体温を高く保つことも重要です。血液中の免疫細胞は、体温が下がり血行が悪くなると、体内に異物を発見しても素早く攻撃できません。免疫力が正常に保たれる体温は36.5℃程度といわれています。免疫力は、体温が1℃下がると30%低下し、逆に1℃上がると一時的には最大5~6倍アップするともいわれ、体温を上げることの重要性がよくわかります」





画像©Wokandapix PIXABAY

ー体温が高い方が新型コロナのみならず、万病にかかりにくくなると言われでますよね。

 佐久間「はい、そして適度な運動をすること。運動をすることで常に体温を高めに維持できるようになります。運動し筋力がつけると代謝がよくなり冷え症が改善し、内蔵脂肪も減らします。適度な運動を続けるのは、自律神経の働きを高めるうえでも大切です。筋トレ+有酸素運動を、週に5日、30分/日行えることが理想です」

ーやはり免疫力維持の為にも自粛のしすぎはよくありませんね。他にはありますか?

 佐久間「入浴ですね。ゆっくり入浴することで、身体を芯から温め、全身を心地よくほぐすと、自律神経の副交感神経が高まりリンパ球の免疫力を高めます。血行も良くなり酸素もめぐり、細胞の新陳代謝が良くなり、免疫力を回復しアップさせます。38~40℃ぐらいのお湯に、20~30分ゆっくりつかると良いでしょう」


画像©StockSnap PIXABAY

ーやはり身体を温めることが大事ということですね。

 佐久間「質の良い睡眠をとる、規則的な生活を送ることも重要です。睡眠中は、免疫細胞の働きがとても活発になり、免疫力が高まるのです。睡眠中は副交感神経が優位になり、リンパ球の働きが高まります。また、寝ている間は、メラトニンホルモンが分泌され、成長ホルモンの分泌を促進し、体内で強力な抗酸化力を発揮するので、免疫力も高まります。理想的な睡眠時間は、7-8時間です」

-なかなか忙しい人に7-8時間睡眠の目標値は難しいですね。もっと簡単に出来る免疫力アップ法はありますか?笑

 佐久間「深い呼吸をすることを意識するこことです。緊張が強い生活をしていると、呼吸が浅くなり、酸素不足の体になり細胞の代謝が悪くなります。深呼吸(腹式呼吸)をするように心がけると自律神経の緊張も緩和します」





画像©StockSnap PIXABAY

ーなるほど、呼吸法の改善ならいつでも出来ますね!

 佐久間「そして、思いっきり笑うっこと。笑うと免疫細胞が活性化するという研究データが出ています。さらに、笑えば血行が良くなり、ストレスに関するホルモンが減って、心が穏やかになるなどの効果があります。」

ー「病は気から」といいますしね。

 佐久間「日光浴を行うのも免疫力アップにつながります。夏は、15分~30分、冬場は30~60分の日光浴をお勧めします。最近は、日焼けでシミができる、皮膚癌が怖いなどで日光浴をしない人が増えていますが、皮膚に日光の紫外線を浴びることで活性型ビタミンDを合成しています。ビタミンDは、カルシウムの吸収を良くし、骨の合成に必要ですが、体内の免疫力の調整作用にも重要です」

ーありがとうございました!

 日本の新型コロナ被害が欧米に比べて少ない「ファクターX」は昔ながらのバランスがとれた和食や入浴の文化も影響しているのではないか、という説もある。

 特効薬がなく、ワクチンの副作用も懸念されるコロナ禍だが、記事をお読みになって自身の生活習慣に不安になった読者は出来る部分から是非改善してみてはいかがだろうか。

文:深月ユリア ミステリーニュースステーションATLAS
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血を受け継ぐ魔女占い師。ジャーナリスト、女優、ベリーダンサー、映画・イベントプロデューサーとしても活動

著書
あなたも霊視ができる本 」文芸社
世界の予言2.0 陰謀論を超えていけ キリストの再臨は人工知能とともに」明窓出版

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る