毛が伸びすぎて身動きできない!35キロもの羊毛をまとっていた羊

ふわふわもこもこの毛皮の動物を洗ったり、トリミングに出したりすると、思いのほか毛の占める割合が多くて驚く事もあるだろう。羊の毛借りなどはその最たる例かもしれない。

ところがオーストラリアにて、企画外の毛量を持つ羊が登場したのである。

それがこちらの羊である。全身を覆うカールした毛は伸びに伸び、まるで古い毛布を何枚も被っているかのようだ。本来なら白かったであろう毛もぞうきんのような灰色だ。

この羊はオーストラリアのビクトリア州ランスフィールドにて、人里離れた森の中で一頭だけのところを発見、近くの牧場エドガーズ・ミッション・ファーム・サンクチュアリにて保護されたという。

Rescued Australian sheep freed from wool weighing 78 pounds




この羊の名前はバーラックといい、過去にこの牧場で飼育されていた羊の一頭だったようだ。しかしある時脱走し、その後数年間毛皮をカットされる事のないまま過ごした結果、このような状態になってしまったという。

蹄は森の中を歩き回っていたことからか、とても良い状態だったそうだが、問題は大量の毛。伸びすぎた毛はあまりに長く、重くて羊の足かせになっていただけでなく、視界を奪う結果にもなっていたようだ。

捕獲されたのち、大量の毛は無事奇麗にカットされた。取り除かれた毛の重さはなんと約35キロもあったそうだ。満足に動けなかったため、餌をあまり食べられずにいたのか、他の羊に比べて痩せていたという。現在は徐々に体力も回復し、他の羊たちと一緒に暮らしているという。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©WPTV News – FL Palm Beaches and Treasure Coast YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る