漁船に迫るクラーケンの姿がGoogle Earthの衛星写真に!?

アトラスでも何度か紹介しているが、Google EarthやGoogle mapの衛星写真には奇妙なものが写り込むことがままある。

先日報告したGoogle Mapのストリートビューに写る「茶色い毛皮のビッグフット」や「ネス湖の湖面から顔をのぞかせるネッシー」など、肉眼で目撃されることもまれな未確認生物が写り込んでいたのが判明した!という事例も少なくない。

こうした奇妙な物品やオカルティックな瞬間をGoogle EarthやGoogle mapの衛星写真から探し出し、動画に投稿しているTikTokユーザーの@hidden.on.google.earth。彼らによれば、他にも未確認生物が撮影された事例は存在しているという。

そのうちの一つが「船まで触手を伸ばす巨大タコ・クラーケン」だ。

@hidden.on.google.earth

this deserves to blow up ! #blowup #foryoupage #googleearth #hiddenongoogleearth #creepy #scary #trending

♬ Scary – Background Sounds




彼らが昨年11月に投稿した動画「Have I just found the extinct Kraken」によれば、小さな漁船が並んで停泊する港から少し離れた場所へ移動すると、海の中に奇妙な赤い物体が存在していることが解る。

拡大してみると、赤い物体は海の中に複数の長い触手をくねらせている様子がうかがえるのだ。ボートからわずかに数メートルしか離れていない所に、昔から船乗りを恐れさせていた巨大タコのクラーケンが出現していたというのだろうか?

視聴者の中にはかなり驚いて本物かどうか尋ねるコメントを残した人もいたようだが、恐らく漁業用の網がたまたまこのような形で写ったに過ぎないのでは、という冷静な指摘も寄せられている。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©hidden.on.google.earth Tik Tok

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る