画像 Photo credit: Todenhoff on VisualHunt.com / CC BY-SA

 1月19日、バイデン新大統領政権が発足する前に、前任の米国務長官マイク・ポンペオ氏は新疆ウイグル自治区のウイグル族に対する「再教育」施設での隔離・差別問題を「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と認定した。

 ウイグル人はイスラム教を信仰する少数民族で、ほとんどが中国の新疆に居住しており、同地域の人口の45%を占める。

 中国政府は、ウイグル族の分離・独立運動を警戒し、中国共産党への忠誠を誓わせイスラム教を禁止するという同化政策を行ってきた。中国共産党に反対する疑惑のある者を「テロリストの再教育」名目に強制収容所に入れる。

 21世紀にもなって、中国共産党は「魔女裁判」のような事を行ってきた。更に、なんと、「再教育」施設ではウィグル人女性のレイプや臓器が生きたまま採取され売買されているというのだ。

 この度、筆者は日本ウィグル連盟会長のトゥール・ムハメット氏にウィグル人迫害問題についてインタビューした。


画像©深月ユリア

 トゥール・ムハメット氏(以下、ムハメット)「中国はウィグルがロシアから独立したカザフスタンやウズベキスタンのようになる事を恐れ、長年ウィグルの同化政策を行っています。近年、中国の情勢が対外的にも内部でも不安定になり、いつか中国共産党が崩壊するといわれています。

 中国共産党もそれを理解していて、その際にウィグルが独立運動を起こさないよう、罪のないウィグル人を強制収容所に入れて殺すようになったのです。

 中国はファシズム国家です。自分の民族が優秀で、周囲の民族を支配し抑圧しても良いという考えなのです。

 現在、全人口3000万人のウィグル人の1割以上、300万人もののウィグル人が強制収容所に入っていると言われていますが、私はもっと多くウィグル人が強制収容所に入っていると思います。大概、ウィグル地域はいわば『中国の刑務所』のようで、取材が出来ませんが、トルコやロシアなど親中国家のジャーナリストは取材が認可されることもあり、その方々の報告によると、ウィグルの街は人がいなくなりガラガラだったようです」





画像 Photo credit: Todenhoff on Visualhunt / CC BY-SA

ー強制収容所ではどんなことがされるですか?

 ムハメット「中国の習近平国家主席への忠誠を強制的に誓わされて、ウィグル語を話すことも禁止されます。イスラム教は邪教とされます。従わない人は拷問され、殺されます。毎日、何百万人ものウィグル人が殺されてます。

 女性のレイプ事件も絶えません。BBCによると、あるウイグル人女性は中国共産党員に監視カメラのない「黒い部屋」に連れて行かれたそうです。“彼らはレイプするだけでなく、人の体全体を噛みます。彼らが人間なのか動物なのかはわかりません男性らは電気棒を持っていました、

 私はそれが何であるかわかりませんでした、そして、それは私の生殖器の中に押し込んで、電気ショックで私を拷問しました”と彼女は話してます。それらの牢屋には、レイプされたショックで、『心を失ってしまった』女性達が数多くいたそうです。

 釈放後に新疆から逃亡し、現在米国にいるTursunay Ziawudun氏によると、ウイグル人女性達が“毎晩”独房から連れ去られ、1人か2人以上の覆面をした中国人男性にレイプされていて、また 彼女自身も、拷問を受けた後、2、3人の男性に3回輪姦されたとそうです。」

ー言葉にするにもおぞましいですね…。殺されたウィグル人の臓器が採取され、売買されている、という話がありますが?

 ムハメット「事実です。2017年に全ウィグル人の遺伝子検査が行われましたが、ウィグル人は敬虔なイスラム教徒で、お酒もタバコも吸わないので、内蔵が健康的な方が多く、そこに目をつけた中国共産党はウィグル人の臓器を売買するというビジネスをはじめました。

 自ら臓器提供を意思のある方からではなく、強制収容所で殺されたウィグル人の臓器が使われます。麻酔無しに生きたまま臓器を取られることもあります。

 中国に行って臓器のドナーを探すと、ほぼ10日以内にドナーが見つかるという異常な状態です。これらは、ほぼ殺されたウィグル人の臓器になります。中国の臓器売買ビジネスは現在、年間3兆円もの売上があります。

 去年9~10月にウィグル地域の電車、バス、飛行機など交通網が止められました。この間にも中国共産党は何十万人ものウィグル人を中国本土に強制連行し臓器を採取したという証言があります」


画像©深月ユリア

 中国共産党は2016年5月、中国民間航空会社に対して、「臓器の空輸」ルートを確立させるよう要求した。新疆ウイグル自治区の病院に勤めていた元外科医トフティ氏が2017年10月16日、東京都新宿区で開かれた「臓器移植を考える会(仮題)」の発言によると、新疆ウイグル自治区カシュガル空港で、中国語とウイグル語で「特殊旅客、人体器官運輸通路」と書かれた臓器輸送の優先通路が設けられているという。 

 トフティ氏によると、当時は中国共産党に「中国共産党、共産主義だけが素晴らしい、他は悪くて『人民の敵』だ。」と洗脳されていて、まだ息のある受刑者からの臓器摘出を罪悪感など全く、むしろ「悪者を懲らしめている」という自負、プライドさえあったという。

ーこのような人権を無視した状況なのに、国連は動かないのでしょうか?

 ムハメット「中国は国連の常任理事国ですからね。国連人権委員会の委員でもあります。中国の発言権が大きいので、国連が動いてくれないのです。私はトランプ大統領に期待してますが、トランプ大統領がウィグル問題を批判するとリベラル側からは『どうせ米中貿易戦争の戦略だ』と言われてしまいます」




 世界的に人口が14億もいる中国の影響力は大きい。

 中央アジアから中東にかけて多くの国が中国の「一帯一路」構想という、80近くの国々を鉄道、海上交通路、他のインフラ・プロジェクトで結びつけようというプロジェクトに参画している。

 中国がイスラム諸国にインフラの整備や巨額の貸付も行っていることもあり、イスラム諸国ですらウィグル問題に口出しするのは消極的である。

 この問題がより多くのメディアに報道され、世界中がウィグル問題に問題意識を持つことで、国際社会が動き、いつの日かすべてのウィグル人が尊厳を守られ安心して暮らせる時代になることを願う。

深月ユリア ミステリーニュースステーションATLAS
ポーランドの魔女とアイヌのシャーマンの血を受け継ぐ魔女占い師。ジャーナリスト、女優、ベリーダンサー、映画・イベントプロデューサーとしても活動

著書
あなたも霊視ができる本 」文芸社
世界の予言2.0 陰謀論を超えていけ キリストの再臨は人工知能とともに」明窓出版

*********************

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る