サンド伊達、東大生「頭の良いと思う芸人」選ばれた理由に一同納得!

2月16日に放送された人気バラエティ番組『林修の今でしょ!講座』(テレビ朝日 火曜 よる6時45分~)で明かされたサンドウィッチマン・伊達みきおの祖父の秘密が明らかになった。

この日、『今でしょ!講座』は、『現役東大生500名が選んだ!本当に頭がイイと思うお笑い芸人ベスト20』と題し、現役東大生が選ぶ「頭が良い」芸人のランキングを発表した。

このランキングには高学歴芸人として有名なオリエンタルラジオ・中田敦彦からバカリズム、そして芸人クイズ最強のカズレーザーなどが選出された。




中でも第2位に選ばれたサンドウィッチマンに注目が集まった。

  サンド伊達のドッペルゲンガー出現!

なお、彼らが選ばれた理由というのが、コントのなかで使われる「言葉遊び」のセンスが高評価されたためである。

この結果を聞いたサンドウィッチマンの伊達は「俺の後輩だからじゃない?」と軽くボケつつも、選ばれたことに驚きを隠せなかった。

すると、伊達は「実は僕の祖父が東大卒なんですよ!」とまさかの身内に東大卒がいることを激白。




なお、伊達に関しては地元だけではなく今では全国的にも有名な話であるが、武将の伊達政宗を代表とする伊達氏宗家の支族である大條氏の末裔で、地元宮城県泉水市では有名なエリート一族である。

その血は脈々と受け継がれて、伊達の曽祖父は検事、祖父は当人の説明にあった通り、東京大学出身で大手地方銀行の七十七銀行の幹部という超エリート家系という。

このことから、東大生のみならず多くの視聴者もまた、伊達の「頭の良さ」に合点がいったようである。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『復活力 (幻冬舎文庫)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る