人気者?それともレジェンド?裏番組対決はまさかの声優バトルだった

2月8日に放送された人気番組『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ)の内容が話題になっている。

この日、『世界まる見え』はスペシャル版として「爆笑&衝撃400連発」と題し、2時間をかけて世界の衝撃映像を400本放送した。

なお、この「爆笑&衝撃400連発」では番組を盛り上げるために、ナレーションに関しても人気アニメ「鬼滅の刃」「呪術廻戦」「進撃の巨人」などの話題作品で活躍中の大人気声優たちが担当、番組を盛り上げた。




その一方、裏番組のTBSはこれまた全く同じ時間帯に『世界衝撃映像100連発』シリーズの最新作を放送。つまりこの日は日テレとTBSの両局合わせて500本という、「衝撃映像」まみれの1日だったことになる。

  プロデビューできる声優のルールがある!

ただし、演出に関しては日テレとTBSでは非常に対照的だったようだ。




『世界まる見え』は内田真礼、梶裕貴、佐倉綾音、島崎信長、下野紘といったまさしく旬な、若い世代に絶大な人気の声優をキャスティング。

他方、TBS放送の『世界衝撃映像100連発』はいつもの古川登志夫、柴田秀勝、銀河万丈といった70歳を過ぎたベテランが担当。人気声優とは違う、レジェンド声優の技量を魅せつけていた。

裏番組同士で、実は声優対決でもあったようである。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Hernando Rojas López PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る