飛行機雲を残しながら飛ぶUFO 防犯カメラが捉えていた謎の物体

アトラスでも過去に紹介しているが、最近では防犯カメラの進歩によりカメラ映像にUFOやUMAが写り込んだ様子が記録される事が多い。今回紹介するのも、そんな防犯カメラが捉えていた奇妙なUFOの記録だ。

こちらは1月31日にアメリカはテキサス州にて撮影されたものである。

民家の玄関に設置してあった防犯カメラが捉えていたものだそうで、暗い夜空に謎の物体が飛行していく様子がクッキリと捉えられている。問題の物体は白い棒状で、ふらふらと揺れながら飛行しているようだ。

Rod UFO Shoots Past Door Cam In Texas! Jan 31, 2021, UFO Sighting News.




しかも空には飛行機雲のような一筋の白い線が、この物体が飛んでいった痕跡として残されている。また、この飛行物体が出しているらしい、電子的な音も確認できるという。

果たしてこの飛行物体の正体は何なのだろうか。

もし飛行機であれば、細かく揺れながら移動しているのはヘンだ。また、ドローンや凧、ランタン等に比べると飛行高度もあり、さらに飛行機雲のような軌跡が残るのはありえない。

空に残された軌跡に関しても、飛行機雲にしては早く消えてしまう。残像や残光にしては長く残っているという指摘もあるため、正体不明としか言いようがない。

防犯カメラはいったい何を記録していたのだろうか?

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©UFO Sightings Daily YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る