事故現場で撮影された「霊魂」、その真実が明らかに!?

以前、アトラスでは事故現場で亡くなった人の霊魂が写った!?という写真についてお伝えした。

アメリカ・ケンタッキー州にて2016年7月に発生した事故の現場を捉えたもので、多くの人とトラック、そして通報を受けて到着したと思われる救急車や搬送される人、パトカーなどが見て取れる。その背後にうっすらと白い人影にも似たシルエットが浮かんでいる・・・というもので、トラックとの事故で亡くなったオートバイの運転手の霊魂だったのでは、という説が流れた。

関連記事
【激写】霊魂が写った!?事故現場に浮かぶ謎の白い人影




だが、本当に魂が奇麗に写り込むことなどあり得るのだろうか?

まず、地元のニュースサイトが事故について詳細を調べた所、バイクの運転手は事故の後に死亡していたのだが、事故現場から搬送された先の病院で亡くなっていた事が判明した。つまり、現場で命を落とした訳ではなかったのだ。

また、写真に加筆して霊魂のように加工したのではないか、という疑惑もあったようだが、地元メディアが撮影者に取材して未加工である事を確認している。

なお、問題の画像の霊魂部分を拡大してみると、木の枝や葉が重なった箇所が偶然白っぽくなっている事が解る。そこから、光の反射やレンズの傷、煙等の様々な要因でシルエットが強調された結果、霊魂が浮かび上がっているようなものが撮れてしまったのではないかと言われている。

Photo shows moment ‘soul’ leaves motorcycle crash victim’s body – TomoNews

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©TomoNews US YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る