多重人格のさきがけ、16人の人格を持つ女性「シビル」の真実【前編】

一人の人物の中に、多くの人格が存在している・・・いわゆる多重人格障害(MPD)、または解離性同一性障害と呼ばれる症例は現在でもよく知られた精神障害の一つだ。

「24人のビリー・ミリガン」をはじめ、様々な症例が今まで報告されているが、アメリカにて多重人格の先例となったのが「失われた私 多重人格・シビルの記録(原題 Sybil Exposed: The Extraordinary Story Behind the Famous Multiple Personality Case)」だ。

 

シビルことシャーリー・メイソンという女性はミネソタ州の農場で両親と暮らしていたが、ある時から「自分が移動した覚えが無い場所にいる」事を繰り返すようになる。

精神分析医のコーネリア・ウィルバー博士はシャーリーが幾度も「解離性遁走」を繰り返している事に気づき、投薬と催眠治療の結果シャーリーの中に16人もの別人格が存在していることを突き止めた。

シャーリーの中には、妙齢の女性から大工の男性、赤ちゃんまで様々な人格があり、一人一人に名前がついていた。彼女の人格が分裂したのは、彼女の家庭がキリスト教の中でもマイナーな宗派に属しており、神経質な母親に幼い頃から虐待を受けていたためであった。

ウィルバー博士は彼女について書籍に著す事を決め、彼女を説得してフルタイムで治療を敢行。ジャーナリストのフローラ・レタ・シュライバーが治療の様子を記録して前述の本が出版された。この本は全米でベストセラーとなり、1976年には彼女をモデルとしたドラマが放映され、多重人格症を患う人たちが一気に増えたという。

だが、この本の内容は全くの嘘だった。

シャーリーが厳格な家で育ったのは事実だったが、虐待は行われておらず、父親や住み込みの家政婦も虐待を目撃していなかったのだ。

(【後編】に続く)

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Gerd Altmann PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る