『バイキング!』放送事故、小川アナ夫の不倫報道最中にハプニング!

 2月4日に放送された昼の人気情報バラエティ番組『バイキング!more』(フジテレビ毎週月〜金曜 ひる11:55~放送)で音声が数秒間途切れるハプニングが発生した。

 音声が途切れたのは12時20分ごろだった。このときバイキングは報道番組『NEWS23』(TBS系)でメインキャスターを務める小川彩佳アナウンサーの夫、医師であり、また医療ベンチャー「メドレー」の代表取締役・豊田剛一郎氏が2月4日発売の『週刊文春』に自身の不倫疑惑をスクープされて謝罪・辞任した事件を報道していた。

 バイキング出演者、また脱いだ!




 この件について、番組MCの坂上忍は「マズい事だけど、この人(豊田医師)もこれまでの功績とかあってこの地位にいるのだし」と擁護しつつも、「あんな有名な奥さん持ってて(不倫するのは)理解できない」といったコメントを出した。

 この発言を受けて、番組コメンテーターの臨床心理士である藤井靖氏は「こういう職業の人は自尊心が高い傾向がある」とコメントしている最中、5秒程度であるが放送で音声が完全無音状態になるという事故があった。(なお、復旧後には坂上ほか出演者の声が30秒ほどハウリング状態になっていた)。

 最初、無音状態になっていることはスタジオにいる出演者でも気が付かなかったようだが、しばらくして司会の伊藤利尋フジテレビアナウンサーから「ちょっと音声が乱れていたようなので藤井さん、申し訳ないですが、もう一度コメントをお願いします」と依頼するシーンが放送された。




 ところが坂上にとってこの手のトラブルは『バイキング』では初めてだったようで「また同じ話するの?」と一瞬驚いたが、藤井氏は苦笑いしつつもこれを快諾。そして資料を見ながら同じコメントを行うという『バイキング』では比較的珍しいシーンが放送された。

 なにやらタイミングの良いところで放送が中断されたとはいえ、その後は大事ならずに済んだようだ。なお、ネット上では「今のなに再放送?」といった声が相次いだが、単に音声不良だったと考えられる。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©dyne’s photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る