4歳の少女、2億年以上前の「完璧な恐竜の足跡」を発見!

画像©national museum wales

2月1日、イギリス南西部のウェールズ地方にて、4歳の女の子がとても保存状態の良い恐竜の足跡化石を発見したという。

ウェールズ国立博物館のプレスリリースによると、先月リリー・ワイルダーという地元の4歳の少女が両親と共に南部のベンドリックス湾を訪れていた。ベンドリックス湾は昔から恐竜の足跡化石が多く産出していることでも有名な場所である。

そして少女は父親との散歩の最中、岩の一部に「足跡がある」事を発見。父親に「見て」と声をかけた。




父親は最初、あまりにも奇麗に残っていたので「アーティストが彫刻したものではないか」と考えたという。そこで足跡を写真に撮影し、帰ってから妻と見ていたところ、妻はこの場所で以前にも恐竜の足跡化石が発掘されていた事を思い出した。

そこで彼女は「娘が海岸で見つけました」と称してFacebookに投稿し、専門家に意見を聞いてみることにした。その後、博物館側が一家に連絡を入れ、現場で足跡の化石を採取するに至った。

その足跡の化石というのは10センチほどで、今から2億1500万年前の足跡であり、三本の足指を持つ小型の獣脚類のものではないかと考えられている。地元の古生物学者からは「英国国内で発見された中で最も保存状態の良い化石の一つ」との声が上がっている。

ちなみに、発見者の少女はそれ以来恐竜に夢中だそうで、恐竜のおもちゃや模型で遊んでいるそうだ。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る