【間一髪】アルゼンチン発 火葬される直前に生きている事が判明!

アルゼンチンにて、「火葬される直前に生きていたことが判明、間一髪で助かる」という自体が発生した。

1月末、アルゼンチンのレジステンシア市にて病院に数日間入院していた89歳の女性が心不全で死亡。その後、遺体は葬儀場に送られ、葬式の後に火葬される事が決まった。

葬式は滞り無く進み、娘が最後の別れを告げて火葬場の係員が棺を焼却炉におくるベルトコンベアーに乗せた。

だが、そこで娘は棺の中の遺体が「まだ生きている」事に気づいたのである。




驚いた彼女はすぐに火葬場の職員に作業を停めさせ、改めて母親の生存が確認された。すんでの所で母親が焼け死んでしまう寸前で止めることが出来たのだ。

母親はその後病院に送られ、現在は集中治療室に運ばれている。娘は母親に死亡診断書を出した病院に対して不正行為を非難し、当局に状況を報告している。

アルゼンチン当局は、なぜこのような重大なミスが発生したのか詳しい調査を行う予定であると回答している。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像© 05village photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る