明暗クッキリ!?「てんちむ」と「かねこあや」下着販売トラブルその後

 ユーチューバーとして人気のあるてんちむとかねこあや。下着販売におけるトラブル発生後の処理が両者の明暗をわけたと言われている。

 もともと親友だった2人だったが、かねこの愛猫が風呂場の浴槽で水死していたことから、両者の確執が生まれてしまった。かねこは、てんちむとの完全なる絶縁を求めて裁判を起こしたほどであった。




 さらにユーチューバーの醜聞を配信しているコレコレチャンネルにおいて、「てんちむが海外で大麻を吸っていた」「豊胸ブラをプロデュースしているてんちむが実は豊胸手術をしている」と告発した。これにより、豊胸ブラは返品の山となり、てんちむは下着メーカーから4億円の債務を背負い込むことになったのだ。

 多額の借金を背負ってしまったてんちむは、ユーチューバーの他に銀座のクラブ「Nanae」や「バーレスク東京」でアルバイトを開始、現在では4億円のうち2億円の返済に成功したと言われている。

 一方のかねこもレギンスを販売していることが判明し、ファンから批判を受けることになった。こちらのほうはてんちむと違って、名義貸しだけだったが商品も品質に問題が指摘され、炎上騒ぎとなった。




 この両者明暗がくっきりと分かれた感じになった。

 誠実な対応のおかげでチャンネル登録者がさらに増えたてんちむに対して、積極的な対処を逃げていたかねこはチャンネル登録者が頭打ちの状態になっている。またアルバイトでの人気も銀座で爆発したてんちむに対して、かねこは猫の毛だらけの商品や自分の証明写真をオークションサイトのラクマに出品している。

 今のかねこあやはいったいどうしたのであろうか・・・、これからのかねこの挽回に期待したいところだ。

(大山朱姫 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©StockSnap PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る