マイナスイメージ脱却?芸能人悪口サイト『ママスタ』立ち上がった!

 芸能人の悪口がオンパレードになっている有名サイトとしては『ママスタ』が有名である。

 これは主に女性が利用するサイトであり、子供を持つ母親が憂さ晴らしに使っていると言う傾向が見られる。

 今まではどちらかと言うと、有名人への文句と不満ばかり羅列していたと言えるのだが、最近イメージアップのために戦略を変えてきた。




 現在、ママスタが力を入れているのが「置き勉」である。

「置き勉」とは宿題がない科目の教科書に関しては、学校の机の中に置いていくという通学方法である。現在の小学生は自分の体重の20%から30%の教科書を持ち歩くと言う。まさに苦しい修行のような日々が強いられている。

 タブレットが導入されて軽量化すると思いきや、宿題は紙のままであり、単純にタブレットの重さだけがプラスされただけであった。

 まさに小学生地獄である。




 因みに現在、置き勉を認められているのは、図工や音楽などであり、他の科目は宿題があるないにかかわらず、教科書の持ち帰りが義務付けられている。

 そこでママスタが立ち上がったのだ。もっと効率の良い勉強方法と通学の簡素化を目指して、署名運動を始めたのだ。これは立派なことではないか。アトラスもママスタの姿勢を正当に評価したいものだ。

(中村昭代 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©まぽさん photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る