『ひるおび!』女子アナ、「無限ループ」で本人映像の底なし沼化

画像 TBS Broadcasting Center / Dick Thomas Johnson

 2021年1月22日に放送されたお昼の情報バラエティ番組『』(TBS系列)で映像が乱れるハプニングが発生した。

 このことが発生したのは放送中盤の12時40分過ぎだった。この日、『ひるおび!』ではこの直前まで医療崩壊、金事態宣言から2週間経過など新型コロナウイルスの感染拡大に関するニュースを報じていた。

『ひるおび!』矢代弁護士、TBSアナを叱責!?




 だが、ここからは東京五輪は行うことが出来るのかといような政治問題を報じることに。緊急事態宣言下でのコロナ問題の次にこれまたなんともシリアスな展開であったが、その直後に思わず笑ってしまうようなハプニングが発生したのだ。

 なんと、スタジオに設置したパネルが操作を誤ったのだろうか、一瞬ではあるが、江藤愛TBSアナウンサーが二重三重に表示されてしまう「合わせ鏡」現象が発生。江藤アナが指し示すパネルの中が彼女自身が「無限ループ」状態になっていた。




 ところが、さすがにこれには番組スタッフもおかしいことに気付いたのだろう。「こちら映像出ますでしょうか」と江藤アナが訊ねるとすぐに元の表示に戻った。

 結局、映像の乱れは数秒で収まるという事なきを得たが、テレビを見ていた視聴者は一瞬何が起こったのか、さぞビックリしたに違いない。

 なお、女子アナの無限ループと言えば、昨年11月にお伝えした『news every.』でのアクシデントが記憶に新しい。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る