ハリス副大統領就任を予言した?「シンプソンズの予言」再び的中!

 本サイトでも過去に何度か取り上げているが、小説やマンガなどの創作物がまるで事実を予言していたような内容だったりするケースがまれに報告されている。

 たびたび話題になるのは、アメリカの有名な長寿アニメ「シンプソンズ」だ。「シンプソンズ」では「過去に放送された内容と同じ事件が現実でも起きている」として注目を集める事が多々有る。

 そして1月20日(日本時間21日)、民主党のジョー・バイデン氏が第46代アメリカ大統領に就任したが、なんと「シンプソンズ」が副大統領であるカマラ・ハリス氏の就任を21年前に既に予言していた!?というのだ。

 問題のエピソードは2000年に放送された「Bard To The Future (邦題:リサ大統領のホワイトハウス)」というエピソードにおいてである。




 シンプソン家の長女リサが大統領に就任するという内容で、この話の中でリサは首に白い真珠ネックレスをした紫色のパンツスーツを着て登場している。

 どうだろうか?昨日の就任式をテレビで見た方も多いと思うが、この格好が昨日の就任式でのカマラ・ハリス米国副大統領とソックリなのである。更に驚くことには、このエピソードの中で大統領だったトランプから「かなりの予算の危機を受け継いだ」と不平をこぼすシーンもあり、まるで政権交代を予言したかのような内容にもなっている。

「シンプソンズ」はこれまでにも「トランプ大統領当選」「ギリシャ経済危機とEUとの関係悪化」、「エボラ出血熱の流行」など様々な話題を的中させている。

 なお、「シンプソンズの予言」は現実に起きている事を踏まえて社会風刺的な内容の話を作成したところ、偶然にも現実と合致してしまったというものにすぎない。しかし、そんな側面を差し引いても「シンプソンズの予言」は精度が高く、政治経済から芸能・文化面まで分野を問わず吉事も凶事も当てているという点が興味深い。

 今後も的中してしまう「予言」はあるのだろうか?

関連アトラス記事
あの長寿アニメ番組は未来を大量に予言していた!?「シンプソンズの予言」とは

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『Simpsons: Season 11/ [DVD] [Import]

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る