2020 年、スコットランドでは30 件を超えるUFOが目撃されていた!

2020年は新型コロナウイルス感染症に振り回された一年だった。このことで、人々が家にこもる機会が増えたためか、またこれまで気づいていなかった些細な変化に気づくようになったためか、新霊体験の報告やUFOの目撃例が増えた年でもあった。

今回、スコットランドにて活動するUFO研究チームが昨年1年間に報告されたUFO目撃事例をまとめたところ、2020年は33件の目撃事例が発生しており、ラナークシャー、アバディーンシャー、エアシャイアにて特に目撃されていた事が判明したという。

1月8日、ラーウィック上空にて大きな三角形の物体が空を横切って移動、後を追うように続いて2つの小さな三角形の物体が飛び去っていったという報告があった。また4月4日にはAnnathillからCumbernauldまで車を運転していた人物が、5分間にわたって「球形から円筒形に変化する」白い発光体を目撃している。




グラスゴーでは5月にオレンジと赤に光るオーブのようなUFOが、また7月には三角形を形作る3つのライトが上空で静止する様子を目撃したという事例があった。7月のケースでは、UFOの事例では珍しく音を立てて飛行していたという証言も存在している。

これらはいずれも正体が不明であり、現状UFOであるとしか言えないものばかりだが、寄せられた目撃証言の中にはアトラスでも報告したスペースX社によるスターリンク衛星を見て、「多くのUFOが列をなして空を横切っていく」と受け取ってしまった人もいたようだ。

果たして2021年はどのようなUFO証言が出てくるのだろうか?今から楽しみである。

関連動画
Top 10 UFO Sightings in Britain

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Stefan Keller PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る