【ミステリー】図書館の庭に捨てられ続ける、ベイクドポテトの謎

アメリカ・マサチューセッツ州の図書館にて、奇妙な「ジャガイモ」が出現して話題になっている。

先週、ウェイランド・フリー公共図書館は自身のFacebookにてこのような投稿を行った。

「今週、図書館の前庭の芝生に焼きたてのベイクドポテトが出現しました」

One potato, two potatoes. Calling all sleuths! The front lawn of the library has been accumulating what appear to be…

Wayland Free Public Libraryさんの投稿 2021年1月14日木曜日




なんでも、1月の頭から図書館の敷地内に調理済みのベイクドポテトが落ちている事がたびたびあるという。

最初は誰かの落とし物かとも思ったそうだが、2日後に2つめが見つかり、また数日後に再度2つのポテトが見つかり・・・と相次いだためにFacebookに投稿したという。

なお、問題のポテトは踏まれたりした様子もなく、奇麗なものだったそう。図書館の周囲にはレストラン等の飲食店や住宅も複数あることから、近所から持ち込まれたものではないかと疑っているそうだが、さすがにポテトを落としていった何者かを追跡するのは難しいだろう。

とりあえず、図書館はポテトの落とし主が取りにくるのではないかということで、落ちていた場所にポテトを戻して「持ち主が取りに戻ってこないか」様子を伺うことにしている。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Wayland Free Public Library facebook

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る