【都市伝説】『機界戦隊ゼンカイジャー』主人公の誕生日に胸が熱くなる

 2021年3月から放送開始のスーパー戦隊シリーズ最新作『機界戦隊ゼンカイジャー』(東映、テレビ朝日)の主人公・五色田介人 / ゼンカイザー役をつとめる俳優・駒木根葵汰(こまぎね きいた)の誕生日が「運命的!」という声が相次ぐなど、ネット上で大きな話題になっている。

『機界戦隊ゼンカイジャー』はシリーズ初の人間ヒーローが1人(他4人のヒーローはロボットの設定)という戦隊である。戦隊シリーズとしても45作目に当たるということで注目を集めている。そして、主演をつとめる駒木根の誕生日が東映特撮作品にとっては非常に重要な日であるのだ。




 駒木根の誕生日は2000年1月30日。実はこの日は平成仮面ライダーの第1作目である『仮面ライダークウガ』の第1話が放送された日でもある。

 つまり、スーパー戦隊45作目に主演する人物が、現在まで休みなく続く平成仮面ライダーとちょうど同じ時期にこの世に生を受けたということであり、ネットでは「実に運命的」と話題になっている。




 とはいっても、戦隊モノとライダーではシリーズは全く異質のものである。しかし、両シリーズともに東映作品であり、創作は漫画家の石ノ森章太郎という共通点もある。

 平成第一号ライダーの始動した記念すべき日に産声を上げた男の子が令和時代のヒーローに……かくして、神がかった縁を感じた特撮ファンたちの魂は揺さぶられたのだ。

【機界戦隊ゼンカイジャー】スペシャル動画

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『仮面ライダークウガ Blu‐ray BOX 1 [Blu-ray]

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る