「人の命の原点回帰」 ~世界の伝統医療とハーブ文化~ 第2回講演会

「コロナ禍」の今こそ、我々の命の原点に向き合うために―

人の命とは、古来からどのように守られ、受け継がれてきたのか――

近代医療の”幻想”が無い頃に、我々の祖先の命を救ってきた世界の伝統医療。

アーユルヴェーダやチベット医学、モンゴルの薬草や施術、知らざれる隣国の韓方、ネイティブ・アメリカンの伝統医療、カンボジアの薬草文化、そして日本人のDNAに組み込まれた和方など・・・。

かつて世界中に個性とエネルギー溢れる伝統医学が存在していました。それらは悠久の歴史の中で培われ、常に私たち人類の命に寄り添い、支え続けてきました。

「コロナ禍」において、西洋医学への妄信に不安や疑問を持ち始める人が増えてた今、長年世界中の伝統医療を研究してきた私たちだからこそお届けできる、忘れられた珠玉の知恵の数々を豪華ゲストと共にお届けします。

健康・医療の原点と伝統を見直し、命の原点を思い出すことが、あなたの大切な人を守り、未来を切り拓く力となることを実感できる貴重な機会です。

ぜひご家族、ご友人をお誘いの上お越しください。

日 時:2021年1月16日(土) 12:30~16:00(開場 12:00~)
会 場:文京シビックホール小ホール(地下鉄丸ノ内線「後楽園駅」・都営地下鉄三田線「春日駅」直通)
参加費:3000円(後日資料送付希望の場合+800円)

<プログラム>

・世界の伝統医療の系譜
・近代医療と補完医療の違い
・神秘のモンゴル・マッサージと草原ハーブ
・アーユルヴェーダの本質
・幻の日本伝統医療“各地の和薬文化”
・アルプス薬草とヒマラヤ薬草文化
など

◇ナビゲート&MC

『オープニング講演 ~世界の伝統医療とハーブ文化・概論』:古谷 暢基(ふるや まさき)医学博士、国際補完医療大学日本校学長、(一社)和ハーブ協会代表理事

『チベット医学と欧州最古の薬草誌 ~ヒマラヤとアルプスの薬草文化』:渡邊 高志(わたなべ たかし)薬学博士、熊本大学薬学部教授

『アーユルヴェーダと各種伝統医学の生命観 ~伝統医学で温故知新』:上馬塲 和夫(うえばば かずお)医学博士、日本アーユルヴェーダ協会理事長

『近代医療と伝統医学の融和 ~コロナ時代の正しい医療観とは』:大橋 眞(おおはし まこと)徳島大学名誉教授、モンゴル医科大学客員教授
など

詳しくはこちらをご覧ください。




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る