心霊スポット探索中、古い冷蔵庫の中からアレが出た!

人里離れた所にあり、打ち捨てられてしまった廃墟は心霊スポットとして扱われる事が多い。そのため、興味本位で廃墟を訪れる人もいる。

1月3日日曜日の年明け早々、アメリカのサウスカロライナ州にて民間の心霊調査グループがオレンジバーグ郡にある農家の廃墟に向かった。この廃墟は若者の間で心霊スポットとして有名だったため、噂の真相を確かめにいったとのことである。

彼らは建物の内部で霊に問いかけてみたり、様々な場所を調べていたのだが、中に残されていた古びた冷蔵庫を開けたところ、とんでもないものと遭遇してしまった。




幽霊が出てきたのではない、中から出てきたのは腐乱した人間の死体だったのだ。

彼らはすぐに警察に通報、現場に駆けつけた警官が遺体を確認した。問題の死体は青いジーンズと靴下をはいていることが解ったが、死亡してかなり日時が経っているようで腐敗が進行しており、身元や死因の特定には時間がかかる、と検死官事務所が見解を明らかにしている。

しかも、この死体が発見された廃墟は今週火曜日の5日に火災で焼失してしまったという。民家とは離れていたため、人が現場を訪れた時には既にがれきがくすぶっている状態だったという。警察は消防と連携して、火災の原因と遺体の特定に全力をあげる方針だ。

Abandoned, ‘haunted’ house where body was found burned down

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©News 19 WLTX YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る