ハーバード大教授「オウムアムアはエイリアン技術によって作成」

画像 Artist’s impression of the interstellar asteroid `Oumuamua / European Southern Observatory

2017年10月、我々の太陽系とは別の銀河から飛来した小惑星「オウムアムア」。長さ400メートルの葉巻型をした小惑星で、現在は既に太陽系からも遠く離れたところへ飛んでいってしまっているが、現在もこの奇妙な天体に関する研究は継続して行われている。

だが、中にはあまりに奇妙な天体であったために「ただの小惑星ではなく、エイリアンの母船だ」というとんでもない仮説が出てくることもある。

外宇宙からやってきた隕石オウアムアはエイリアンの宇宙船だった!?




先日、ハーバード大学の天文学教授であるアビ・ローブ氏は、オウムアムアは小惑星ではなく高度な地球外技術によってつくられた物体であるとし、詳しく説明した著書「Extraterrestrial: The First Sign of Intelligent Life Beyond Earth」を刊行した。

彼はオウムアムアについて次のように語る。

「オウムアムアは奇妙な軌道に沿ってかなりの速度で宇宙を移動していただけでなく、後にガスや破片の痕跡を残しませんでした。考えられる説明は1つだけです。この物体は遠い異星人の文明の高度な技術によって生み出されたものなのです」

アビ・ローブ氏は著書にてオウムアムアがエイリアンの産物である根拠と理論を明らかにし、我々の地球と種の未来について語っている。しかし、当然ながら彼の見解は一般的な天文学者らの見解とは大きくかけ離れていることについては留意が必要である。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る