大晦日、パキスタンの街に狼男が出現!?

画像 hombre lobo / ºNit Soto

年末年始は誰も彼もが気分が浮かれているためか、変わった人が出てきて話題になることもしばしばだ。

12月31日の大晦日、パキスタンにて「狼男が街の通りをうろついている」というとんでもない通報が市民から警察に寄せられた。通報があったのはペシャワール市の大通りで、警察が現場に到着したときはバイクに乗って見物人に対して威嚇の吠え声を出していたという。

当然ながら、この狼男はリアルなかぶり物をした普通の人間に過ぎなかった。現地警察は市民を混乱させたとして男性を逮捕、その時の写真をSNS上に上げて報告した。




だが、話はここで終わらなかった。

まずパキスタンでは新型コロナウイルス感染症の感染状況が悪化しており、都市封鎖が行われており、マスク未着用での外出は禁止されている。男性は市民徒にを不安に陥れただけでなく、これらの規制に違反しているのではないかとネットで騒ぎになったのだ。

だが結局、狼男のマスクが頭部をすっぽりと覆う物であったため、問題はないということになった。

ところが今度は「狼男」から取り押さえた警官に標的が移ることとなった。なぜなら取り押さえた瞬間の写真に写っている警官の一人はマスクをしていなかったのである。

警官ならば市民の模範になるべきではないのか、と批判の声が上がったのだ。結局その後、男性や警官がどういった処分になったのかは解っていないが、丸く収まって欲しいものである。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る