天神様と牛は関係が深い!?丑年と菅原道真

2021年の今年は丑年。一年の願掛けや厄避けには、やはり干支の「牛」にちなんだ場所を選びたい所である。

さて、学問の神様といえば天神様こと菅原道真だが、実は彼は牛に縁が深い人物とされている。

「道真の生まれた年は丑年だった」「亡くなったのが丑の月の丑の日である」「道真は牛に乗って大宰府へ下っていった」「刺客に襲われた道真を牛が守った」「道真の墓所である太宰府天満宮の位置は牛が決めた」などなど、様々な牛にちなんだ逸話が存在している。

いずれも真偽のほどは定かではないが、牛と菅原道真は切っても切れない関係にあるようで、道真を祀る神社である天満宮には神様の使いとして牛の像が設置されていることが多い。




また、「天神様の乗り物が牛である」ことを強調するような神社も存在している。東京都文京区にある「牛天神北野神社」は「撫で牛」発祥の神社でもあり、ここに神社が出来たのは源頼朝の夢に牛に乗った菅原道真が現れたことによるという。

1184年、源頼朝公が奥州へ東征に向かう途中、この場にあった牛に似た形の岩に腰掛けて休んだ所、夢の中に牛に乗った菅原道真が現れ、「二つの喜びがある」と告げたという。翌年源頼朝は願いを叶えることができたため、この牛に似た岩をご神体として太宰府天満宮より勧請し、今の牛天神北野神社になったというのだ。

ちなみに牛天神ではこの岩を「ねがい牛」と呼び、「願い事を思い浮かべながら真心をもって頭の部分をさすると、天神様に願いが届く」とされている。興味のある人は足を運んでみてはいかがだろうか。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©はないちもんめ photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る