都市伝説系UMA 3メートルの「山女」

昭和40年代に発行された雑誌に載っていた話。

民俗学的にかなり真面目な雑誌のように思える。大正8年頃夕張炭鉱であった事件だと言われている。

仕事帰りの夕張炭鉱の鉱夫が顔を洗うために河原に向かった。すると突如山から出てきた山女3人にさらわれそうになった。 

女たちは実の丈が3メートル以上あり、全員裸であった。恐怖に駆られた鉱夫は、ツルハシを振り回して威嚇した。すると女たちは逃げていったと言う。

【朗読】海とか山とかの不思議な話・懐

都市伝説系UMA「顔盗みの蛇」
田んぼに出る馬の妖怪「田馬(でんば)」
大きなあくびをする「あくび塚」
何もしない牧場の妖怪「またまた」




(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Free-Photos PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る