紀元前の悲恋「ハサンルの恋人たち」の真実

1972年、イラン北西部のテッペ・ハサンル遺跡にて、泥製のレンガと漆喰で覆われた壕の中から奇妙な骸骨が発見された。

二つの骸骨は互いに寄り添い、見つめ合うようで、片方が腕枕をし、もう片方は顎に手をあてて今からキスをするかのような姿勢となっている。さらには死の直前につけられたと思われる傷も確認できたため、「亡くなる前に殺された恋人たちの死体では」という仮説がある。

この遺体は1956年から1974年にかけて、ペンシルベニア大学博物館、ニューヨーク・メトロポリタン美術館の行った発掘調査の中で発見されたものである。その見た目と発見された遺跡から「ハサンルの恋人たち」という名前がつけられた。




しかし、骸骨の状態では実際に二人が恋人かどうかは判断できなかった。

そこで実際に骸骨を分析したところ、見た目からは男女のカップルのもののような印象を受けるだろうが、二人の性別が共に男性であることが明らかになった。

向かって左側の人物はおそらく男性で30代で、右側の人物は男性で20代でほぼ同時に亡くなったとみられている。年代がハサンルの滅亡期と重なっているうえに、副葬品などが確認できないことなどから、おそらく都市が戦争や略奪に襲われて避難し、息絶えたものと推測されている。

こちらの遺体はペンシルベニア大学博物館に運び込まれ、1974年には同博物館にて展示も行われたそう。現在も博物館所有となっており、今も重要な研究対象となっているとのことだ。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Phạm Khoa PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る