亡くなった愛犬が最後のお別れを告げた…防犯カメラに写った奇妙な影

画像©cp17 PIXABAY

家族の一員でもあるペットが亡くなるのは悲しいもの。だが、「亡くなった後に愛するペットが幽霊になって帰ってきた!」…そんな瞬間を捉えた動画が撮影されたと話題になっている。

こちらは昨年の2019年10月7日に、とある家のリビングに設置された防犯用のカメラが捉えていたものであるという。

この日の午後10時34分、誰もいない暗い部屋に奇妙な雲のような影が出現する。それはジグザグした輪郭で、リビング中を動き回ると上空に向かって消えていくのだ。

この影について、この家の人々は「12歳で亡くなった愛犬だ」と語っている。なぜなら、この白い影が撮影されたのは愛犬が亡くなった、その日のことだったからだ。




一家はプカという名前のイングリッシュ・ブルドッグを長い間飼っていた。家族が病気になって気持ちが沈んでいたときや、また楽しかったときも常に一緒にいた大切な家族の一員だった。

しかし、合併症を患い12歳で亡くなったという。愛犬プカは主人とともに無言の帰宅をすることとなった。

その翌朝、スマートフォンにある通知が届いていた。それはリビングの防犯用カメラからのもので、異常が起きて記録が残された時に家人が家を離れていた際に自動的に送られるものだった。

カメラの動画を再生してみると、そこにはリビングを動き回る白い影が写り込んでいたのだという。

「この通知は家を離れた時に送られるものなので、帰宅していた場合は絶対に通知が入ることはありません。もしかしたら、プカが私たちに最後の挨拶をするために帰ってきたのではないでしょうか」と飼い主は語っている。

Dog ghost

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る