幽霊が追跡していた!?廃墟の精神病院で撮影された不気味な動画

超常現象の捜査官であるケイリー・ラブ氏は、様々な心霊スポットにて調査を行って自身のYouTubeチャンネルに調査の模様を動画で投稿している。

12月半ば、彼女はウェールズの廃病院を調査した際に撮影された幽霊らしき姿を彼女のYouTubeチャンネルであるLove to Investigateにアップロードした。

THE MOST SCARIEST ASYLUM FOOTAGE EVER!!!

問題の映像では、廊下の端にある戸口から彼女を見つめている不気味な幽霊に気づかずに部屋から部屋へと移動し、廃墟のいわくについて報告している様子を見ることができる。彼女によれば幽霊の姿は「黒髪で昔ながらの灰色のネグリジェのを着た少女」であり、後のショットで壁に向かって歩いて消えていくのも見ることができるという。

彼女は約2か月前にウェールズ南部の元精神病院の廃墟を訪れ、調査を行いながら内部を撮影していたという。そして投稿から数週間後、彼女の動画視聴者からのコメントを受けて、知らないうちに幽霊を撮影していたことに気づいたという。




「昔ながらの病院のガウンを着ているように見える黒い髪の女性の姿」と表現される人影は、消える前に戸口にまで迫っていることが見てとれる。 「カメラをパンして視界から外し、また戻ってくると同じ人物が右側に歩いて壁に消えていくのを見ることができます」と彼女は語っている。

5ヶ月間超常現象を調査しているケイリー氏は、「撮影時は白昼であったため、こんなにもはっきりと幽霊の姿を撮影できるとは思っていなかった」と語った。なお、彼女は興味本位で訪れる人からの「破壊行為から保護する」ため、問題の廃墟の正確な場所を明らかにしていない。

「数人の懐疑論者からも映像を見て困惑している旨を聞いています。しかし、私は怖いとは思っていません。むしろ調査でそこにいる間、ずっと何者かに見守られていると感じていたからです」と彼女は語っている。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Love to investigate / YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る