学校の妖怪というか学校の神様である。

ある学校に赤く塗られた鉄棒があった。それを指して子供たちは「すなしろさま」と読んだ。俗に言う(失せ物の神様)であり、探し物に関して願をかけると見つけてくれると言う。

やり方は簡単だ。その鉄棒を鳥居に見立て拝み、その下をくぐる。更に鉄棒の前に広る砂場に向かって10円玉を投げ、「すなしろさませさがさんせ、失せ物ひとつさがさんせ」と唱える。

その後、投げた10円玉をうまく探した場合、見事見つかるらしい。様々な成功事例があり、上級生が飼い猫を見つけたとか、財布を見つけたとか言われていた。

この「すなしろさま」に関しては賛否両論だったが、信じてないものは10円玉を見つけられないと言われている。

ネットへの投稿者は、友人が友人の妹を探すためにこの儀式を行い、10円玉を持ってなかったのだが、鉄棒近くに10円玉を見つけた。これにより神社の鳥居の近くにいると判断した友人は見事見つけることに成功したと言われている。

「怖い話・不思議な話 その27」怪異録―怪談と都市伝説―より

現代妖怪「ひんべえ」 馬のハニワの妖怪
妖怪「赤腹」 旅人を1口で飲み込んでしまう
現代妖怪「肝とり」 死者を狙う妖怪
現在妖怪「鍋頭」

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©sekido PIXABAY




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る