TikTokの大予言!?「16日、南海トラフ巨大地震がくる!」騒動

昨日12月16日、Twitterにてとあるワードがトレンドに入った。それはなんと「#南海トラフ」。

「16日の14時20分頃に南海トラフ巨大地震が発生、首都圏や神奈川県のあたりが非常に危険である」という話が出回っていたのである。結果は皆さんもご存知の通り、14時20分になっても大きな地震は発生せず、空振りで終わった。

今回の「南海トラフ地震」の予言は、動画アプリTikTokに15日にアップされた短い動画が発端になっていたようだ。

問題の動画では「明日12/16午後2時20分頃南海トラフ巨大地震が来るとの情報が入りました。みなさんはどう過ごしますか。地震に備えてみてはどうでしょう」とテロップがあり、一気に注目を集めて大勢の人に共有され、話題になってしまったようだ。




ちなみに、南海トラフ大地震しかり様々な地震の予言では、「○○という予言者の言葉によれば・・・」「××の研究結果では・・・」「最近頻発している△△現象は地震の前兆現象であり・・・」などの根拠がそれらしく併記されていたものだったが、今回の南海トラフ地震については特に何の根拠も併記されていなかったようだ。

今回は情報の発信源がTikTokであったため、主に若い人を中心にこの噂が広まっていたようで、Twitterなどでは「学校でみんなが地震、地震と騒いでいた」という書き込みもあった。一方で、さすがに胡散臭いと思う人もいたのか、「どうせ来る訳ないと思っていた」「3ヶ月に1回くらい南海トラフが起きるって聞いてる気がする」という意見も散見された。

コロナ禍で大変な時に大災害が起きると確かに大変な事態となる。避難する手段や日々の備えも重要であるが、今回の「南海トラフ地震予言」はただはた迷惑な結果を残しただけだったようだ。

なお、問題の動画はかなりの再生回数といいねを稼いでいたようだが、地震が来なかったと知るとあっさりと動画を消してしまい、もう見ることはできないようだ。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Kon Karampelas PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る