「サンタは新型コロナ対策済!」 WHO世界保健機関が太鼓判

今年、2020年は一年を通して新型コロナに悩まされた年だった。

日本でも今期、冬に入ると感染者が増大、14日には現在施行されているGoTo事業については、年末の28日以降の中断が発表された。なお、日本だけでなく、世界中で新型コロナの感染対策がとられ、国によっては厳格な外出規制を行っている地区もある。

そんな中、とある子どものお願いが注目を集めた。

それは「世界中の子どもにプレゼントを配ってくれるサンタさんに、クリスマスに外に出る許可をあげてください」というものである。これはイタリアの住む5歳の男の子がコンテ首相に宛てた手紙のもので、都市封鎖が行われているイタリアの現状から心配したものと思われる。




なお首相は「サンタさんは特別に世界中を移動できる許可を得ているし、マスクをつけてやって来るだろう」と回答していた。

プレゼントが貰えるクリスマスを楽しみにする子どもは世界中にいる。これを受けて世界保健機関(WHO)も14日に「サンタクロースは新型コロナウイルスに対する免疫があるので活動に問題はない」と公式な発表を行った。これはWHOの新型コロナウイルス担当技術責任者、マリア・バンケルコフ(Maria Van Kerkhove)氏が、記者会見で語ったものである。

サンタには免疫? WHOが子どもたちの心配打ち消す(2020年12月15日)

赤い服に豊かな白い髭を蓄えたサンタクロースは、確かに新型コロナで重症化しやすいとされる高齢者に該当するように見える。これを踏まえた上で、「サンタさんは新型コロナでも対抗できる免疫を持っている」と回答。またWHOでは多くの国の指導者が、サンタクロースと空飛ぶトナカイが領空内に入れるよう渡航制限を緩和したと聞いていると述べ、サンタが例年通り世界中を飛び回ってプレゼントを配ることができるとし、子どもたちに安心するように呼び掛けた。

同時にバンケルコフ氏はWHOの役割として、新型コロナの感染拡大を阻止するために「サンタクロースや家族、友達同士でも距離をとるようにすること」等の感染対策の重要性について述べて、クリスマスプレゼントを待つ子供たちやまたその親たちを気遣ったようだ。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Gerd Altmann PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る