【放送事故】すゑひろがりず、『R-1』で優勝していたっけ?

12月13日に放送された人気バラエティ番組『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(テレビ朝日)で残念なテロップミスがあったと話題になった。

この日、『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』は、マジカルラブリー、すゑひろがりず、GAGなど、M-1グランプリ、キングオブコント、R-1グランプリなどで優秀な成績を残す芸人を輩出しているという「大宮ラクーンよしもと劇場」の特集を行っていた。




都心から少し離れた、埼玉県さいたま市の大宮駅前でお笑い活動を行う大宮ラクーンよしもと劇場の実態について、番組は上記3名のインタビューを行った。

すると、その際に、何故か、すゑひろがりずの経歴が「M-1 2020 決勝進出 M-1 2017 決勝進出 R-1 2020 優勝(野田)」となっていたことを一部の視聴者は見逃さなかった。

この経歴は、すゑひろがりずではなく、実はマジカルラブリーのものである。




この経歴が間違って表示された理由であるが、おそらく、すゑひろがりずの前にマジカルラブリーが登場していたことから、マジカルラブリーのテロップを誤ってそのまま続けて使用してしまったのだろう。

このテロップミスはすぐにネット上では「今、すゑひろがりずの経歴がマジカルラブリーになってたよね」と、目ざといお笑いファンたちに気づかれたのである。

実際のすゑひろがりずの経歴というと、「M-1 2019 決勝進出 R-1 2020 3位(南條)」である。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Dick Thomas Johnson

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る