「何だ、コリャ?」電波望遠鏡が捉えた奇妙なサークル

電波望遠鏡が捉えた宇宙の写真に、まるで心霊写真のような奇妙な影が写り込んでいた・・・そんな物体が捉えられ、天文学者らから注目を集めている。

問題の画像はオーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)のASKAP望遠鏡によって捉えられたものである。

銀河や多くの星々が輝く宇宙空間を捉えた画像の中心に、青くぼんやりと光る謎の雲のような物体が写っている。他の星とは違い、発光しているようにも見えないし、向こうに星が透けているのも見て取れる。




これは2019年に天文学者のアンナ・カピンスカ氏が電波天文データを確認している時に発見されたもので、後にASKAP望遠鏡を利用して宇宙の電波源を調査するEMUプロジェクトで再び存在が確認され、「Odd Radio Circles(奇妙な電波サークル)」と名付けられた。

その形状や写り方から、当初はソフトウェアや表示の際に生じたノイズやエラーではないかとも考えられた。しかし、他の電波望遠鏡でも「実際に存在する物体である」ことが判明した。

この物体は地球から数光年先から数百万光年先に存在しているが、正体は不明。高速電波バーストのような「存在する可能性はあるが、まだ観測されてないもの」と関係している可能性が高いと見られているそうだ。この物体が何なのか、正体が明らかになる日はくるのだろうか。

宇宙にはこのような、正体不明のものが色々出てくるのかもしれない。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©freakwave PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る