メキシコ住宅地上空、ランディングギアを出して飛行するUFOが出現!?

UFOの形状といえば円盤形、つばのある帽子のようなアダムスキー型、発光体など様々なものがある。

近年目撃例が増えているものとして黒い三角形のものなどがあるが、メキシコにては非常に個性的な形状のUFOの動画が撮影されて話題になっている。

問題のUFOは2015年にメキシコのメキシコシティで撮影されたものである。

Black Object With Legs Seen Over Mexico City, 2015, UFO Sighting News.




日中、曇天が広がる中に奇妙な黒い物体が浮遊している。まるで伏せたお釜のようで、丸い底部には先の細い折れ曲がった足のようなものが4本確認できる。着陸するための足かなにかだろうか。このUFOは住宅街の上を飛行していたようなので、人類の様子を観察しながら地上に降りようとしていたのかもしれない。

果たして、この物体の正体は何なのか。当然ながら飛行機などとはまったく形状が違うし、個人の所有するドローンやラジコンのようにも見えない。それにしては大きすぎるのだ。

だとすると、これはやはりUFOなのだろうか?

何者かが作成したCGではないか、という意見もあるようだが、今のところ正体は不明だという。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©UFO Sightings Daily YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る