【放送事故ばり】今どきの『NHKのど自慢』が超カオス!と話題

11月29日に放送された、日曜お昼の老舗歌番組『NHKのど自慢』(NHK総合 日曜日 12:15 ~ 13:00)の内容が話題になっている。

この日、『NHKのど自慢』は新型コロナウイルスの感染拡大により、通常の地方大会(北海道音更町文化センターで予定されていた)は中止になっていた。そして番組は「特別編」と称し、「〜おうちでパフォーマンス〜」というオンライン企画を放送したのだった。




この「〜おうちでパフォーマンス〜」というのは、タイトルの通りにインターネットを使って、参加者の自宅などから歌唱・ダンスをはじめとするパフォーマンス披露を中心にした大会である。

ということで、この「〜おうちでパフォーマンス〜」がなかなかのカオス状態だ、とネット上で話題になっていたようなのだ。

例えば、石川県在住の男性がハロー!プロジェクトに所属する女性アイドルグループ『BEYOOOOONDS』の楽曲『アツイ』を「母に贈る」として画面の中で踊りまくるという、なかなかシュールな見世物のほかにも、歌を全く歌わずにただtiktok風のダンスを踊る人や、さらには自作の手品を披露する者……等々、いつもののど自慢とは一味も二味も違った、これまで決して見れない内容の大会がそこにはあった。




このことから普段番組を見慣れている視聴者にとって、呆気にとられる場面も多々あったようで、「稀に見るカオス回」と話題になったようである。

とはいえ、新型コロナウイルスが再び感染拡大している今、「〜おうちでパフォーマンス〜」が今後はのど自慢のメイン企画になり得るかもしれない。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©くろてん photoAC

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る