地下鉄に人間サイズのネズミ出現!ソーシャルディスタンスの必要性を訴えるパフォーマンス

現在、新型コロナウィルス感染症対策として「密を避ける」ことが推奨されている。接触や飛沫などで感染する可能性が高いため、なるべく人と人との距離をとりスキンシップを避ける、というものだ。欧米では日本よりスキンシップの文化が浸透しているため、なかなかソーシャルディスタンスをはかることが難しいようだ。

さて、そんな海外で驚きのパフォーマンスを行い、「ソーシャルディスタンスの容易さ」を語っている人物がいる。アメリカはニューヨーク在住のパフォーマンス・アーティスト、ジョノトン・ライオンズ氏だ。彼は精巧にできた「バディ・ザ・ラット(Buddy the Rat)」という、リアルよりの造形のネズミのキャラクターに扮し、地下鉄に乗車した。




動画アプリのTikTokでその様子を配信し「新型コロナ対策に理想的な格好をすれば社会的距離を取るのも簡単だ」と語っている。彼のパフォーマンスはアメリカ中で話題となり、ニューヨークのメトロポリタン交通局の公式アカウントが「マスクを着用していただきありがとうございます」と冗談を言うほどになった。

なお、彼の行動は皮肉や風刺ではなく、パフォーマンスと感染対策の周知を兼ねたもののようだ。実際にライオンズ氏はリアルなマスクの下にはサージカルマスクを着用しているし、時にはネズミのマスクの上から更にマスクをつけてみせることもあるという。今では多くの人がネズミに扮した彼の姿を写真や動画に収めようとしてくるそうだが、彼に近寄る人はほとんどいないそう。彼の試みはうまく行っているとみていいようだ。

(加藤史紀 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Jonothon Lyons/Twitter

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る