「深夜、家の玄関に光るキューブが置かれていたんですが・・・」

海外にて、奇妙な「光る立方体」を目撃したという人の証言が注目を集めている。

8月半ば、アメリカ・アラバマ州在住の女性が夜に自宅で奇妙な物体を発見。時間は深夜の11時30分頃から12時頃で、階下に下りた際に玄関が明るく光っているのを目撃したという。

階段は玄関に面しており、玄関ポーチの様子が見えた。だが、彼女は玄関ドアのガラス越しに、ポーチの一番上の弾に大きくて白い、輝く立方体が置かれているのに気がついたという。

その立方体は浮遊したり動いている訳でもなく、ただ「その場で光っていた」そうだ。光はピンクがかった白色で非常に明るく、散発的に点滅していた。間隔は長かったり短かったりと様々だったという。




彼女には7歳になる息子がいたので、昼間に外で遊んでいた際におもちゃを出しっぱなしにしていたのだろう、と思ってしまいその場を通りすぎてしまったという。ちなみに、数分後に2階の寝室に戻るために再び玄関の前を通ったときも、まだ「光る立方体」は玄関で点滅を繰り返していた。

翌朝、彼女が玄関を確認すると「光る立方体」はこつ然と姿を消していた。転がったのかと周囲を探してみたが見つかる事はなく、そもそも外に出しっ放しだったおもちゃなど存在しなかったこと、ポーチのライトが故障などで点滅しなかったことなどが解ったという。

果たして、女性が見た「光る立方体」の正体は何だったのか。女性は海外のオカルト情報サイトにこの体験談を書き込み、広く意見を募っているようだが、今のところ正体に関する情報は集まっていないようだ。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Merlin Waldhör Kamil PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る