病院に現れた死神か!?ベッドの上に立つ「悪魔」の写真

人の生死に関わる現場のためか、病院にまつわる怪談は多い。亡くなった人の幽霊が出たり、中には死神らしきものの姿を見たという人もいる。

そんな死神かもしれない、「病院に住む悪魔」の姿を捉えたという写真がある。

これは海外の投稿サイトRedditに投稿された写真だ。とある病室の様子を捉えたものだが、様子がおかしい。病人が寝ているはずのベッドに、腰を屈めて立つ大きな黒い影が写り込んでいる。手足の先は白く、頭部は菱形という奇妙な姿をしている。この画像はナースステーションにある病室の様子を確認するためのカメラ映像を接写したものらしい。

噂では、この黒い人影が現れた病室にいた患者は、それから数時間後に容態が急変して死亡したという。

関連動画
Demon Photo Captured In Hospital




あまりに立体感のある人影であり、よく見ると足下にシーツのしわができている事などから、投稿された当初は「本当に悪魔の姿を捉えたものなのでは」という話が出てきていた。しかし、海外の有志が検証してみた所、意外な真実が明らかになった。

この写真が撮られた当初、ベッドでは確かに黒人男性が横になっていたという。写真をよく見ると、「悪魔」の足は確かに男性の足(膝を曲げた状態)が布団から出ているもののようだ。その点に注意してよく見ていくと、「悪魔」の体に妙な継ぎ目のようなものがある事がわかる。

男性の膝の後ろに転落防止の柵があり、その後ろには医療機材が置かれている。これらが全て同系色だったため、ブラウン管に映った粗い画像では一塊になって「悪魔」のような形状に見えてしまった、というのが真相のようだ。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©Susan Duclos YouTube

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る