『ウチのガヤ』そこにいたはずの伊藤健太郎、不自然に無残カット!

2020年11月10日に放送された、人気バラエティ番組『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ)で実に大胆な疑惑の編集があったのではないかとネット上を大いに賑わせたようだ。

この日、カリスマ・クールビューティー女優の三吉彩花をゲストに迎え、歌うまガヤ芸人が歌唱力勝負を行う「ガヤ芸人ガチカラオケ対決」が行われた。

だが、この回は多くの場面をカットなど、かなりの編集が行われらのちにようやく放送されたという。




元々この日の「ガヤ芸人ガチカラオケ対決」は11月3日に放送が予定されていた(11月6日から上映が始まった、映画『十二単衣を着た悪魔』のプロモーションの一環として企画されていた)。しかし、放送が一週間伸びた理由はアノ一件が原因だったのである。

俳優の伊藤健太郎がひき逃げ容疑で逮捕された事件である。

放送前に発行されていたテレビ誌などによると、「ガヤ芸人ガチカラオケ対決」は『『伊藤軍』VS『三吉軍』の2つに分かれて、ガヤ芸人たちが勝敗を競うものであったが、伊藤の逮捕から芸能活動謹慎ということでお蔵入りの危機に…。

しかし、番組はなんとか放送するために伊藤の出演シーンをすべてカット。その作業のために1週間延ばされることになったようだ。

その結果、この日の放送は「伊藤がすぐ傍にいたために、ほとんど映らないヒロミと後藤輝基」「ピンで曲紹介するフワちゃん」といったおかしなシーンが連続して放送されていたのだ。




ただし、視聴者のほとんどは伊藤のシーンがカットされたことに気が付かなかったようだ。

ところで、この放送内容を前々から知っていた視聴者の一部はあることを思い出した者も少なくなかったようだ。それは、昨年6月の発生した吉本芸人の闇営業問題以降に画面から消された『アメトーーク!』での雨上がり決死隊・宮迫博之のことである。この時もアメトーークでは何週にもわたり、宮迫が番組からカットされ放送されてたことは記憶に新しい。

そして、今まさに上映中の映画『十二単衣を着た悪魔』のプロモーション真っ只中であることからも、今回の伊藤出演の場面カットは他の番組に波及しそうである。

関連記事
【神業】「アメトーーク」宮迫台詞完全カット、フット後藤がなぞって別撮り

(文:江戸前ライダー 山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『anan(アンアン) 2020/09/16号 No.2216[美乳強化塾2020/三吉彩花]

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る