90年代から目撃!?ロンドン墓地に出没「キャンバーウェルの狼男」

狼男は海外のモンスターと聞いて多くの人が思い浮かべるものの一つだろう。

満月の夜に人間から獣人へと姿を変える狼男の伝説は昔から欧州を中心に語り継がれ、現在でも中南米などで目撃証言が出てきている。また、北米大陸の未確認生物であるドッグマンやシャギーと言った獣人UMAも狼男と関連づけて考えられる事もあるようだ。

さて、イギリスの首都ロンドンにあるキャンバーウェルも狼男の噂が囁かれる土地である。昔出没したという訳ではない、発端になったのは1996年の事件だ。

1996年10月9日、ある男性がキャンバーウェルの古い墓地を抜け道代わりにして通りがかった時だった。古い墓の影から、黒い毛皮に覆われ、ジャーマンシェパードに似た頭部の大きな生物が出てきたという。その生物は男性を見つけるとよだれを垂らしながらうなり声を上げ、飛びかかってきた。




しかし、何かの匂いを男性から嗅ぎ取ったようで、すぐに逃げていったという。後に男性は持病を抱えていたため、普通の人とは違う匂いを嗅ぎ取ったのでその場を離れたのではないかと証言している。

その後、2004年にも同じ怪物が目撃されている。この時は墓地の隅に立つ木が大きな半人半獣に寄って引き裂かれようとしている様子が2人連れの男性によって目撃されていた。

これらの事件から「キャンバーウェルの狼男」は一躍有名になったが、最近は目撃証言もあまり聞かれていない。この事件の追跡調査を行っているアンディ・マグラス氏によれば、獣人型のUMAである可能性もあるが、やはり大型の野犬を誤認した可能性も捨てきれないという。

しかし、それらの可能性を加味しても目撃証言の数が非常に多いため、「彼らが何かを見たのは間違いない事実なのでしょう」とも語っている。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©werewolf/malik.harem

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る