最後の賭け トランプの勝利のために「天使の援軍」が遣わされた!?

11月3日、アメリカ大統領選挙が行われた。

共和党で現職のトランプ大統領と民主党のバイデン氏の一騎打ちとなっており、現在も開票作業が行われているが、すでにバイデン氏の優勢が伝えられてる。

なお、今回は新型コロナ対策による郵便投票が増加しており、票の到着に伴い開票に遅れが生じている。そのため、最終的な結果が判明するまで数日かかる見通しが出ている。

現在は既に開票結果を待つ事態となっているが、どちらの陣営も応援合戦に熱を入れていた。そんな中で注目を集めていたのが、大統領の顧問牧師であるポーラ・ホワイト氏の応援演説だった。




彼女は先週水曜日に行われたライブストリーミングで支持者らに投票を呼びかけていたのだが、そこで彼女は「天使の援軍」がアフリカと南アメリカから召喚され、トランプから選挙を盗もうとしている「悪魔の同盟」と戦おうとしていると語り、「主が勝利を告げている」と情熱的に宣言したのだ。

この配信に対して視聴者からは「荒唐無稽な応援演説だ」という意見等が寄せられている。

反トランプ派の人々だけでなくトランプ陣営からも否定的な意見が出ており、過剰なアピールは結局陣営の足かせにしかならないという事を証明してしまったようだ。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©JF PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る